コガジュンコクリニック
トップページクリニック紹介お肌のトラブル美容・脱毛頭皮ケア院内紹介アクセス

お肌のトラブル

   赤ちゃんやお子様のお肌トラブルは、周囲の人が気づいたら、早めの受診をお勧めします。
また、大人のニキビやお肌のトラブルも早めの受診で治りが早くなったりします。まずはご相談ください。

赤ちゃんによくあるお肌のトラブル

■乳児湿疹、私生児ニキビ、脂漏性湿疹
 赤ちゃんの顔や体にできる湿疹はすべて乳児湿疹と呼びます。カサカサするものも、ベタベタするものも、ジュクジュクするものもぜ~んぶ乳児湿疹。乳児湿疹というのは、文字どおり「赤ちゃんにできる湿疹」のことなのです。   
 このうち低月齢のころ、脂分の分泌が多い場所に見られるものには、脂漏性湿疹という名前がつきます。生後2~3カ月ごろになると、乾燥による湿疹もふえてきます。また、ガーゼなどでふきすぎると口の周りがカサついて赤くなることもあります。低月齢のころのこうした湿疹が、アトピー性皮膚炎かどうかは、少し様子を見ないと判断できないこともあります。
■あせも
 あせもは家庭でのスキンケアで治すのが、基本です。
しかし、基本のケアをしてもあせもが治らなかったり、かゆがったり、炎症を起こしてしまった場合は病院で治療を受けてください。

■おむつかぶれ
 おむつかぶれはおしりを清潔にすることで治る場合がほとんどですが、ひどい場合は病院へ

goo 「赤ちゃんによくあるお肌のトラブル図鑑より」

子供に多い皮膚トラブル

■あせも・とびひ・水いぼ・アトピー性皮膚炎
 大人に比べ、子供は特に夏はとくに、汗を大量にかきます。虫刺されを掻きむしり、ばい菌が入り炎症を起こしそれがとびひとなり、身体に広がります。
痒い、皮膚を傷つける、の悪循環になる前に気づいたら、早めの治療をおこって下さい。
 水いぼも掻き毟るとひろがりますので、早めの治療が大切です。

アトピーは判断が難しい為、アトピーかも?!と感じたら早めにご相談下さい。

大人のお肌トラブル

■避けて通れない加齢によるトラブル、その他紫外線、乾燥、酸化、ストレスなどが要因となり、お肌に影響を及ぼしていきます。

 自分の肌質をしり、それに合わせたスキンケアが必要となります。

顔がくすんで見える、異常に肌が乾燥するなど、おかしいなと感じたら間違った判断で症状が悪化しない前に病院で診察してもらって下さい。

診療時間のご案内
診療時間
9:30~13:00
14:30~18:00


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

遊んでね!
かまってくれないと寝ちゃうよ!